アパート建築増加の理由

最近日本中にアパート建築が乱立していると言われています。
その理由は土地の優遇税制が一番の理由とのこと。
土地の値上がりはもう昔のように期待できません。
しかし土地を持っていれば固定資産税や都市計画税などが必要が重くのしかかり、土地をただ持っているのも辛い状態になってきています。

土地を上手に利用すれば賃貸経営に対しての有利な税制があるため、アパートを建てる人が増えてきたのです。
もちろんアパートを建てることを勧める不動産業者や工務店などのも、これらの状態を上手に利用しているとも言えそうです。
しかしこのような理由から、空いている土地を持っている地主さんに、どんどんおいしい話が持ちかけられていることは事実です。

もちろんアパート経営がうまく回れば土地を持っているより、今の状況より利益は上がります。
しかし実際はまったく人口の少ない町にただアパートがどんどん乱立するという光景も見られています。
それによってアパートには空き部屋が増え、借金だけが残ってしまったという地主さんもいるのです。

例えば5年間は空室に対して不動産業者が借り上げるという契約で建てた地主さんも結構います。
5年たって空き室だらけになって、どうしていいか分からないと頭を抱えている地主さんもいるのです。
特にお年寄りの地主さんが多く、老後のことも考えて始めたアパート経営だったはずが、今は不安でたまらない状態になっているという人もいます。

どこでも簡単にアパートを建てると言う話にはすぐのらず、いろいろ調査をしてその場所で本当にアパート経営がなりたつのか、いろいろな機関で調べてから結論を出すようにしましょう。
目先の税金軽減だけですぐにアパート経営を決断するのは危険ではないでしょうか。



≪Recommend Site≫
アパート建築のカタログを請求できるサイトです … アパート建築 カタログ